100を切ったその後で・・・・気ままにブログ 第2章

GDO ゴルファーズブログ ⇒ ココログ を経て、2014 年 1 月より心機一転!!livedoor にて blog 再開しました。
主に、趣味であるゴルフの事を中心に、日常の出来事なんかを書いていきたいと思います。


昨年の11月からブログを更新することもなく、完全な放置プレー状態にしてたけど、
ひょうんなことから livedoor のニュースが目に入った。

『5月1日から有料プランが完全無料に!
『【livedoor Blog】5月1日より有料プランを撤廃し、プレミアム機能を無料提供へ』

これまで、ブログを書いても出来上がりを確認すると
広告がやたらとウザったく、何をしているんだか???
って思っていたところ、無料のプランでも広告を非表示にできるようになったとのこと。

で、早速のところプランを Premium  に変更し、広告の非表示設定を施してみた。

すると・・・・

やっぱり、画面構成全体がスッキリ!!

これならばイイ感じだよ。
あまりブログに書くネタを持ち合わせていないけど、
暇を見つけては、ポチポチ書いてみようかな? 
      にほんブログ村 ゴルフブログへ


手元に届いた Lenovo ThinkPad 10 を使ってみた。

まず、この辺が Apple 系のマシンと違うなぁ〜って感じたのは『箱』

たかが箱なんだけども、Apple 社の製品って、ブログとかに書く人の殆どが
『開封の儀』を記録するように、箱から取り出して実際の製品を見るまでの
ドキドキ感というのが楽しめるのが特徴だと思う。

でも、今回の ThinkPad10 もそうだけども、その他の Windows マシンとかって、
箱が本当に『このダンボールで梱包してます』的なものでしかない。

なので、開封の儀を記録に残す気にもなれず、
そそくさとダンボール箱から取り出し終えてしまった。

初期セットアップを終えて、Windows 8.1 を起動すると・・・・

2014-11-11-22-41-09


lenovo のロゴ。これは、なかなか良い感じ。
で、Windows 8.1 のおなじみのスタート画面。

2014-11-11-22-40-28


この UI が、本当に好きになれないし、
また、なかなか慣れることもないんだよねぇ〜。

2014-11-11-22-42-14


裏面は、こんな感じ。

ガンメタリックをベースにした色と、カメラ周りの赤色は、
伝統的な Thinkpad のイメージを継承していて、
個人的には、非常に好きなデザイン。

また、本体の薄さが 9 mm を切っているにも係ららず、
非常に高い剛性をもったボディーになっている。
背面カバーの質感も良い出来栄え。

ただ、サイドフレーム部分は角が付いていたり、色んなコネクタとそのカバーがあって、
また下部は専用のキーボードと接続するための接点があったりと、
ゴチャゴチャ感が満載で、イマイチかな?

Windows の特徴である拡張性を重要視するならば、左右の各所にコネクタ類が
取り付いてしまうのは致し方ないところだろう。

逆に iPad Air や iPad Mini なんかだと、そういった拡張性は無視して、
サイドフレーム部分のデザインもシンプルで美しい仕上がりになっている。
個人的には、手持ちを考えたタブレットであることを考えると、
余計なコネクタは不要だと思うんだけど・・・・
卓上の作業をするときに、拡張ドックとかに繋げられて、
それを経由にて USB とかが繋がれば十分だし、
最近では Bluetooth 系のアクセサリで、色々と拡張できるし。

あと、左側に電源コネクタがあるけども、コネクタの形状は特殊なもの。

2014-11-11-22-42-58


こうなると、AC アダプタを別途用意しなければならず、荷物になるのはイヤだなぁ。 

とまあ、ほんの一部で不満はあるものの、製品の出来栄えとしては優秀だと思う。

ただ、残念なのはタブレットとしてのハードの出来栄えではなく、
Windows 8.1 という OS の問題が大きいと感じている。

何か設定とかをしようものなら、タッチ操作だけで対応するのは殆ど不可能だと思った。
文字入力なんかは、ソフトウェアキーボードで何とかならなくはないが、
それ以上にマウスが必要だと感じる。
だって、設定画面なんかで、タッチを求めるには小さすぎる部品が
至るところででてくるんだもの・・・・

なので、この端末を使いこなすにはオプションが必要だと感じ、
追加投資として ThinkPad 10 ウルトラブック キーボードを手配してしまった。
しかし、こんなのを装着しないとならないなんて、タブレットではないね。

タブレットとしても使えるパソコンである 2 in 1。
これは、ThinkPad 10 がハードウェアとして悪い訳ではなく、
Windows 8.1 という OS の持つ特徴(?)なんだと、
改めて感じたファーストインプレッションだった。

      にほんブログ村 ゴルフブログへ

仕事用の PC は、会社からの指定で Windows 7 が使われ続け、
自宅の PC も少し前に買った DELL 製のハイスペック・タワー型の PC も
OS は Windows 7(64 bit 版)が稼働している。

Windows 7 であれば、これまでの Windows 系で培われてきた
UI の延長線上にあるため、操作系も大きな変化が無く、
蓄積されている知識だけで使い続けることができる。
 
でも、その後に発売された Windows 8/8.1 の操作系は、何なのコレ!!
と、呆れんばかり酷い UI を持った OS で登場してきた。

業務の一環で行ったテストで、Windows 8 や 8.1 を触ったけども、
PC の画面を目の前にして、本当に固まってしまったヨ。
何をどう操作すれば良いのか、まったく見当がつかない。
本当に、パソコン初心者に戻った気分で、『良くわかる Windows 8.1』
のような入門書を読み漁らないと、何が何だか訳が分からなかった。 

そんなこんなで Windows 系 OS には見切りをつけて、
個人用の PC として MacBookPro Retina の13 インチモデルを購入し、
そこに Parallels Desktop をインストールして、
仮想化で Windows 7 が動くような端末まで用意した。

これで、外出先だろうと Mac OS でネットをチェックしたり
会社の PC にリモートデスクトップで接続したりして
急な仕事をする環境も整い、ひとまず何も困らない状態になった。

自宅のデスクトップと外出用の MacBookPro さえ揃えば、
この環境でしばらく固定だな・・・・なんて思っていた矢先、
とある懸賞で Lenovo 製の Windows タブレット ThinkPad 10 が
当たってしまった。

そんな懸賞に申し込んでいた記憶もなく、
ただ何となくアンケートとかに記入をしちゃったって程度で、
商品目当てなんてことは一切ない無欲な状態での申し込み。
それが、幸か不幸か分からないけども、見事に当選してしまい
新しい機器が増えることになってしまった。

個人的には、もう何年も前にモバイル用の PC として
Lenovo になる前の IBM ブランド時代の ThinkPad T41 という
薄型モバイルノート PC を愛用していたこともあり、
ThinkPad ブランドというのは親しみがある。

それに、ThinkPad 10 の評判はすごく良さそう。

ただ、端末の評判は良くても、自分がまさか Windows 8.1 の利用者に
なろうものと思っていなかった矢先なので、どうしたもんか、思案中。

新古品として売ってしまうという手もあろうけども、
ここは一つ、神様が『食わず嫌いをしないで勉強しなさい』と
道具を与えてくれたと考えて、Windows 8.1 を使いこなしてみることにした。

とりあえずは、FreeWare を入れて Windows 7 チックな UI を実現して、
パソコンを目の前にして固まらない様にだけはしないと。

ってことで、次回は ThinkPad 10 のレビューでも書いてみよう。

      にほんブログ村 ゴルフブログへ


先日に、ZeBracelet2 にヒビが入ったことを書いたけども、
それからの崩壊は早かった。

しかも、気づかないうちにヒビが入っている箇所が増えていて、
その増えていた方のヒビの方が深刻だった。

でも、手首への脱着をしないわけには行かず、
いつものように装着しようとしたら・・・・

『バキッ!!!』

と、嫌な音とともに、黒いプラスチック部分が完全に割れてしまった。

2014-10-26-20-27-05


2014-10-26-20-26-57

2014-10-26-20-27-18



腕側のシリコーンのような素材部分(赤色のところ)が繋がっているので、
完全に真っ二つという所までは至っていないが、
腕に装着するのは不可能な状態。

買って、使い始めて僅か1週間ちょっと。

こんなにも脆い商品だっただなんて・・・・

      にほんブログ村 ゴルフブログへ



ドライバーを買った。

って言っても、新製品とかではなく中古のドライバーを。
今自分が使っているテーラーメード R9 SuperTRI の 9.5 度のものを
予備としてもう1本、持っておきたいという衝動に駆られて買ってしまった。

ドライバーは、メーカーがシノギを削って、毎年?いや年がら年中
新しいモデルを投入し、その度に目新しいキーワードを売り文句に
ゴルファーの購入意欲を促そうと躍起になっている。

でも、自分は新しいキーワードに振り回されるのがイヤになりつつある。

だって、それらのキーワードが自分にとってのメリットに直結するか
まったく分からないし、そうコロコロと道具を変えていては
上達の妨げになるような気がしてならない。

だから、今の時点では使い慣れている R9 SuperTRI を変えるつもりなし。
っては言っても、ソールに傷が目立ち始めているので、
予備が欲しくなってきた次第。

中古でも比較的に程度の良いものが出回っていないか、
日々、ネットショップでチェックしていて、
ついに目ぼしい商品を見つけた。

で、買うときはリアル店舗へ!!ってことで、会社帰りに立ち寄れる
ゴルフパートナーのとある店舗へお出かけし、
取り寄せ&自宅への発送という形で購入。

到着後に、まずは全体写真を2枚ほど撮影。


DSC_8623

DSC_8627

シャフトは、フブキの 60 α が刺さっているものを選択。

DSC_8631


程度が良い商品だったので、フェースやソールも綺麗。

DSC_8636


ちなみに、今まで使っているモノのヘッドはこんな状態。

DSC_8635


やっぱり細かな傷が目立ってしまうのは止むを得ず。
あと、写真では分からないけどもヘッドのトゥー側に
凹んだような感じの場所がある。
まあ、それだけ使いこなしてきたんだから、
ヘッドに対して Good Job !! って言ってあげないとね。

そして、また”ちなみに”となってしまうが、自宅にある R9 系のヘッドを並べてみた。

DSC_8634


一番左側は、R9 SuperDeep。そして真ん中がこれまで使ってきた R9 SuperTRI で
一番右側が今回に買った R9 SuperTRI。

ヘッド単体での重量を計測してみると・・・・

DSC_8642


DSC_8643

DSC_8644


へーーーー、意外と重量管理できているのねん。
テーラーメードさんの工場は良く管理されているのかな?

そして、今回の購入で R9 系のスリーブが刺さったシャフトが 4 本になった。

DSC_8632

上から
  - 三菱レイヨン製の Fubuki 60 α。
  - フジクラ Motore Speeder VC6.1
  - フジクラ Motore Speeder VC6.2 TourSpec
  - ALDILA VooDoo SVS6

でも、この 4 本、微妙に長さが違う。
ALDILA の VooDoo と Speeder VC6.2 TS が同じ長さ。
(って言うか、VC6.2 のシャフトを買うときに VooDoo を基準に長さを指定した)

Fubuki と Speeder VC6.1 が同じ長さだけども、
先ほどの 2 本と比べると若干、短い仕上げとなっている。

DSC_8633


さっ、しばらくは練習場にいろんなシャフトを持ち込んで
一人試打会でもしちゃおうかな?
DSC_8647




      にほんブログ村 ゴルフブログへ

このページのトップヘ